【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたを読んだ感想 陥没乳首と未体験の処女ま〇こがエロ過ぎるw

行き遅れのババアというのが失礼なほど、エロい体をしている上司の抜群の感度には驚愕し通りです。
キャリアウーマンの風貌に、実際に主人公にもビシビシ指導する上司が、お酒が入ってセックスに持ち込もうというときに、
実は男性経験がないのなんて言われたら、もう男なら俺好みのエロい女に開拓してやると意気込むこと間違いありませんね。

丸裸にされた上司が恥ずかしそうに手で恥ずかしい部分を隠そうとしているのに、大きな胸は手では隠すことができなくて、
お腹が少しボテッとした感じも生々しい三十代の体を描いていてそのイヤらしい裸体をこれまで誰も触れたことがないという興奮がリアルすぎる主人公の心の声で漏れ伝わります。

特徴ある陥没乳首を勃起させるために舐めて吸いとられ、乳首も膣も性感帯のように、激しく悶える姿は圧巻です。

部下からの激しいピストンによって、気持ちよすぎてアへ顔になるのを恥ずかしがり、隠そうとしているところを、
両手を押さえつけて更に激しく膣を性器で突かれまくり、アへ顔全開で感じまくる姿はエロいの一言につきます。

会社ではリードしていく立場の上司が、ベッドでは部下の言いなりとなり、セックスをリードしてもらい官能の世界にはまっていく姿は何とも言えないエロさと支配感がありますね。
逆恨みから、上司のことを玄関でレイプするシーンも激しさと、乱語攻めで、その中でも上司らしい包容力を感じさせられる不思議なエロの世界が楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です