行き遅れババアエロ漫画無料試し読み 出張先の旅館で危険日の行き遅れBBAにゴム無し膣内発射ww

新入社員で入社した会社の上司にあたる女主任(34歳の行き遅れババア、彼氏無し、年下好き、ただし爆乳、エロい、僕も実はオナニーのおかずにしてる)と初めての出張に行ったのですが、その時に旅館でやっちゃいました。
地方の工場のシステムの営業に行ったあとの宿泊先を女主任が予約したのですが、「二人分の手当で一部屋に泊まって残った経費を山分けしましょ。」とか言われて「そんなもんですか」と応じたのですが最初から女主任の狙いは僕の若い身体でした。

お互いに大浴場で温泉に入って上がってくると、女主任は艶めかしい浴衣に着替えていてしかもわざとらしく爆乳の胸元と裾をはだけさせた状態で「ちょっと飲みましょ。」とか誘ってきて僕も同じく浴衣姿でペニスの勃起を隠すのが大変でした。

飲んでるうちに女主任との距離が近くなって、浴衣の隙間から覗くデカい乳輪のあずき色の乳首をチラ見していたのですが、「見てるだけでいいの?」と手を掴まれて強制的に女主任の胸を揉ませられたのがスイッチになり、ついに34歳と22歳の年の差でセックスを始めてしまいました。

「このことは会社では内緒にしてくださいよ。」と言いながら女主任の浴衣の裾をたくし上げるとなんとノーパンで、ふさふさした陰毛の下に黒ずんで使い込まれたマンコが既にびしょ濡れになっていました。

フェラとクンニをしてお互いの乳首を舐めまわしたあとで、浴衣の前を全開にして正常位、バックで交わり、最後は僕の上に跨った女主任の膣内にゴム無しで全力で射精してしまいました。

それからというもの、会社で二人になる度に主任が「次の出張も楽しみだね」とか言ってくるので僕は仕事が手に付かず、あの日のセックスを思い出してオナニーしまくる日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です