【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第6話を読んだ感想 男を知って色気を増した会社の行き遅れBBAとオフィスでセクロスww

第6話 行き遅れ女上司は残業中にも特別サポートしてくれる 全体のネタバレ

患った風邪が無事に完治し、仕事へと復帰を果たした田中……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆男を知って色気を増した会社の行き遅れBBAとオフィスでセクロスww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


仕事の遅れを取り戻す為に、秋子に助けてもらい、順調に仕事へと立ち戻った彼は、会社でも彼女とセックスを楽しむようになっていました。

そのせいか、秋子にも変化が訪れ、いつも色気など無いズボン姿にも関わらず、何故かスカートを履くようになったせいで、彼女の色気は増してしまい、男性社員からいやらしい視線を向けられていました。

でもそんな視線が恥ずかしいのか、顔を赤くし、それとなく仕事をこなしていく姿は、余計に男性を誘惑してしまう色香に満ちてしまい、以前のようなひどい陰口も成りを潜めてしまいます。

以前にも増して、穏やかで優しい雰囲気に満ちていた彼女の評価は上がり、田中を支えてくれる優しい彼女。

そんな彼女を、自分は抱いているのだと、優越感に浸りながら、彼女とのセックスを社内で楽しむようになっていた田中。

誰かに見つかってしまうかもと、最初は拒んでいた秋子ですが、無理矢理に犯されてしまう中で、彼のおチンポの味をさらに覚えてしまう子宮は、社内でのセックスに悶えてしまい、淫乱な感覚を覚えてしまいます。

やがて拒む事無く、彼の思う様に、性欲を満たしたいと、願うようになった秋子は、彼の求める形で、チンポを愛撫する様になっていました。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆男を知って色気を増した会社の行き遅れBBAとオフィスでセクロスww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


仕事の合間の息抜きとして、彼女にフェラチオを強要してみれば、恥ずかしそうにしながらも、彼の言われるとおりにチンポを舐めてしまう牝になってしまう彼女。

誰もいない瞬間に、早く困った田中のおチンポを射精させようと激しいフェラチオをする秋子は、精液を搾り取ろうと、亀頭を舐め回していました。

舌先に包んだ彼の亀頭を優しく、そして激しく舐め回しながら、カリの部分をほぐすように唇で愛撫し、精液を絞ろうと口内に含みながら、卑猥なほどに鈴口を吸い尽くそうとする、そんな秋子の淫乱なフェラチオに、田中は満たされた支配欲を感じていました。

同僚達が居ない時間、机の下に隠れながら、彼の精液欲しさに、卑猥な口を動かし舐る秋子の姿に、満たされた快感のままに、田中はご褒美として精液を噴き零し、それを美味しそうに飲み干す彼女。

精液に口元が濡れ、昂ってしまう欲情を沈めてほしく、おマンコを挿し出して開いてしまう、そんな愛おしい彼女の羞恥な無言の要求に、彼は答えるように、濡れたマンコにチンポを射し込んでしまいます。

淫らな声を上げて感じてしまう彼女は、社内でも彼の牝になってしまっていました……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆男を知って色気を増した会社の行き遅れBBAとオフィスでセクロスww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です