【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第5話を読んだ感想 風邪を引いた部下の溜まりきった性欲も処理してくれる行き遅れBBA上司w

第5話 行き遅れ女上司は看病に来て性欲処理もしてくれる 全体のネタバレ

天罰なのかと反省していた田中は、風邪にうなされていました……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆風邪を引いた部下の溜まりきった性欲も処理してくれる行き遅れBBA上司w◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


発病してから熱がまったくに下がらず、倦怠感と嫌悪感に苛まれながら、もう3日も寝込んでしまっているせいかい、孤独な死を迎えてしまうのかと不安がよぎってしまいます。

そんな中、突然にチャイムが鳴り、来訪者してくれたのは秋子でした。

熱で寝込んでいる田中を心配し、仕事の忙しいにも関わらず訪れてくれた彼女は、栄養不足な田中の為にお粥を作り、身の回りの世話を甲斐甲斐しくし、久方ぶりの優しい気持ちに、疲弊していた身体に活気が戻ってきます。

倦怠感に満ちていた身体を浄化してくれるお粥を食べて、栄養を取り戻したせいか、素直に反応してしまうのが、下半身のチンポ。

3日もヌイていないせいと、また秋子の姿を見て、ムクムクと膨れ上がってしまうチンポと、我ながらにあきれていた田中でしたが、それを見た秋子は、困った様子で彼の性処理を始めてしまいます。

しょうがないわねと、困惑しながらも、待ちわびていたように彼のチンポに口を近づけ、口内に包んでいく秋子。

亀頭を舌に包み込み、そのまま口内で舐り回していく彼女の姿に、興奮が抑えきれない田中は、チンポを膨張させながら、彼女の口の中に亀頭を蠢かせてしまいます。

そして待ちわびていた、特濃の精液を口内に受け、うっとりしながらに3日の濃縮された精液を飲み干していく秋子ですが、子宮も飲みたがっていると、おマンコを曝け出しながら、彼に跨り、性処理を始めてしまいます……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆風邪を引いた部下の溜まりきった性欲も処理してくれる行き遅れBBA上司w◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です