【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第4話を読んだ感想 いつの間にか部下のおち〇ぽ欲しくてたまらくなってしまったBBA上司ww

第4話 行き遅れ女上司と会社に内緒のセフレ関係 全体のネタバレ

秋子の身体にすっかりと魅了されてしまった田中は、事あるごとに、彼女との身体を求めて犯すようになってしまいました……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆いつの間にか部下のおち〇ぽ欲しくてたまらくなってしまったBBA上司ww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


最初はと、部下と上司の関係なのだからと、彼を遠ざけようとしていた秋子でしたが、彼に迫られる事を拒めず、肉体関係を持ってしまいました。

そしていつしか日課になってしまっていた、仕事後の二人だけの飲み会。

田中は同僚が飲みに誘うも断ってしまう程に、秋子との飲み会を楽しんでおり、彼女も、同じように彼との飲み会を心待ちにしていました。

そして二人だけの飲み会を終わらせた後は、近くのホテルへと向かい、思う様にセックスを楽しむ時間が始まってしまいます。

熱いお湯のシャワーを浴びながら、精液欲しさにあえぐ子宮を慰め、火照る身体を沈めていた秋子は、バスタオル一枚だけの姿で、ベットに横になっていた彼を誘惑し、そのまま乱暴にキスをされながら、ベットへと押し倒されてしまう彼女。

待ちわびていた激しいキスをされながらに、膣肉が悶えてしまい、彼のチンポが欲しく、キスを激しくしてしまう程に、おねだりをしてしまう秋子。

快楽に懐柔されてしまった彼女を見て、交尾を抑えきれない田中は、反り返りをみせて膨れ上がってチンポを、欲しがりな程に愛液を垂らし、潮を何度も吹き出すほどに敏感になった淫乱な膣口へと近づけてしまいます。

熱で膨張する亀頭を膣内に挿入されながら、淫らな声を上げて歓喜してしまう快感に染まっていく秋子は、彼の専用の牝へと堕ちていました。

精液欲しさに疼いてしまう子宮のうねりに亀頭が愛撫され、今日も待ちわびていた精液を注がれてしまいます……

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆いつの間にか部下のおち〇ぽ欲しくてたまらくなってしまったBBA上司ww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です