【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第2話を読んだ感想 ムチムチエロボディの行き遅れBBAが処女という事実に興奮ww

「第2話 行き遅れ女上司の半熟とろとろボディがエロすぎて」は、昨晩の田中と秋子のセックスがついにどんなものだったのかと、展開されていく内容で進んでいきます。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆ムチムチエロボディの行き遅れBBAが処女という事実に興奮ww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


デートをすっぽかされてしまい、溜め込んでいた性欲を処理できなかった田中が、偶然に秋子と出逢ってしまい、そのまま二人で飲み会をして、愚痴をこぼし合うと、それぞれの内面を知っていく中で、うっかりと泥酔するぐらいに飲み込んでしまった田中を介抱してくれた秋子に、自宅へと招かれてしまうも、彼女が密着してきたせいで、ムラムラな気持ちや、処理できなかった性欲が暴走してしまい、彼女を押し倒してしまうと、とんでもない事をしてしまう彼。

無理矢理なキスをされて、ここで怒るのかと思いきや、実は秋子は処女で、34歳になっても、性経験がない程に初心なオバサンだったのです。

初めてのキスをこんな形にされてしまい、戸惑いながらも、田中を引き離そうとするも、舌を捻じ込まれて、口の中を愛撫されてしまう濃いキスの感触に、すっかりと意識をとろけさせられてしまう秋子は、途中から抵抗が出来ないほどに、彼のキスに意識を溶かされてしまいます。

朦朧としながら身体の力が抜けている秋子の服を脱がしていき、ズボンを下ろして、自慢のおチンポを取り出してしまう田中。

始めてみる男性の生のおチンポに戸惑いながら、自分は初めてだからと、セックスを拒絶してしまう秋子ですが、それが余計に田中の性欲を刺激してしまい、ついに処女を奪われてしまうと、美熟女の熟成された膣肉が、ダメ社員のおチンポの餌食になってしまうと、秋子の破瓜が最大の見どころとなっています。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆ムチムチエロボディの行き遅れBBAが処女という事実に興奮ww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です