【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第1話を読んだ感想 熟女の溢れ出すエロさがヌケるww

「第1話 行き遅れ女上司にお持ち帰り!?された夜」の内容は、いきなりの朝チュンから始まってしまいます。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆34歳爆乳独身、熟女の溢れ出すエロさがヌケるww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


ダメ社員の田中が目覚めたベットには、爆乳と爆尻のエロ過ぎる熟女の沢村秋子主任がおり、会社の男共からはオナニーのネタにされてしまい、スケベな中年上司からは、露骨なセクハラを受けてしまう程に、エロ過ぎる熟女の彼女が、爆乳を生乳でさらけ出しながら、眠っていると信じられない朝を迎えた田中。

それもその筈、昨日の晩に、泥酔した自分を助けてくれた彼女を、彼は酔いの勢いで犯してしまったと、思い出してしまう事から、この物語は始まっていきます。

第1話では、差し当たってエロい展開は無くも、初めてのキスに戸惑い、強気な雰囲気しかなかった彼女が、牝の顔を見せてしまうと、存在したいがエロ過ぎてしまう、そんな秋子のエロさに注目できる、美熟女のありまあってしまう程のエロさに、第1話のヌキどころがあります。

あまりにもエロ過ぎるのに、処女な彼女が、ダメ社員の田中の御自慢のおチンポで犯されてしまうと、事後を迎えた朝では、すっかりと牝な顔になってしまい、散々と彼のおチンポでおマンコを解された御様子と、昨晩の激しいセックスが、彼女を牝へと変えてしまうと、いったいどんなセックスをされてしまったのかと、硬くなってしまった子宮と膣肉が、ダメ社員専用の牝穴へと変えられていく、そんな下ごしらえな内容の第1話は、秋子の魅力が伝わり、彼女がどんな風におチンポに負けてしまうのかと、見どころの多い内容となっています。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
 
◆◇◆34歳爆乳独身、熟女の溢れ出すエロさがヌケるww◆◇◆
今すぐ無料試し読み!↓↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です