ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして第9話(最終話)ネタバレ!

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』9話【「もうお腹いっぱいです」身も心も満ち足りるまで愛し合うふたり】

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
 
▽▽▽ムチムチ美女と心ゆくまで種付けセックス❤▽▽▽
 
今すぐ無料立ち読み!
画像をタップ!
101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

【あらすじ】
感動の最終回!!
石川を愛していると気づいたムチムチ娘は、激しく、熱く愛し合います。
けれど、そんな折に最悪の人間が現れ、ふたりの仲を引き裂こうとします。
ムチムチ娘と石川はどんな選択をするのでしょうか?

【イチャラブ!連続!!種付けセックス!!!】
授乳手コキの後は当然の如く、生セックス。
既に4回もイッてた石川は、これが1回目だと言わんばかりにバックの体勢で腰を打ち付けます。

パンッパンッパンッ…卑猥な音が響く中、「もっと…もっと強く乱暴にっ❤」とネダるナナ。
彼女の思いが無意識にマ○コを収縮させてチ○ポを締め付け、それだけで精子が漏れそうな石川に「お腹の奥までいっぱい出して❤」と甘く誘います。

びゅるるるるっ…
5回目の精子を子宮に注ぎ込まれ「あ゛っ❤」と言葉にならない喘ぎ声を漏らすナナ。
しかし、イッたばかりの石川は抜かずの6回目に突入!

そんな石川にナナは自分の身体は石川の物であり、好き放題中出してと自ら子宮を差し出します。
ペース配分など考えない力任せの挿入ですが、今のナナは奥まで入れられるほど感じてしまいます。

「ああっ❤すごいのっ…私の中っ❤石川さんでいっぱい❤」と甘えた声で鳴き、石川の情欲を刺激するのです。
またも子宮に注ぎ込まれる粘つきドロっとした精子を感じ「あ゛あ゛❤❤」と絶頂するナナ。

【種付けプレスで精子を受け止めるムチムチ娘】
6回目を終えても、未だに中出しを求めるナナは、正常位の姿勢で自ら足を大きく広げます。
そこへ圧し掛かるようにチ○ポを挿入する石川。
種付けプレスで密着する中、ナナの口から本音が漏れます。

「私…ずっと石川さんと一緒にいたい…ダメですか…?」
ナナの想いに、自分だってそうだと返す石川。

石川と想いが通じ合ったことで二人のタガが外れます。
石川はよりキツく圧し掛かり、ナナはそんな重さを受け止め、背中に腕を回してギュッとしがみつきます。

「お願い石川さん…っ…もう一回来て…っ❤!!」
その言葉を合図に今まで一番大量の精子がナナの子宮へと注ぎ込まれます。

セックスを終えても、そのまま抱き合う二人。
ナナは、もうお腹一杯だと言わんばかりに満ち足りた笑みを浮かべるのでした。

【突然伸ばされる魔の手にムチムチ娘の選択は?】
ホテルでのイチャラブセックスと告白を境に彼らの関係は変化しします。
ナナは、石川とのセックスを「仕事」とは言わなくなり、同時に敬語を使うこともなくなっていきます。

また、石川も目標にしていた開店資金に達しそうになり、ナナとの今後の生活に思いを馳せます。
そんな幸せの毎日の中で忘れかけていたコンビニで見た柄の悪い男女が襲来します。

無防備に玄関のドアを開けてしまうナナ。
扉の向こうには、彼女の父親と母親が立っていました。

大きく目を見開くナナと唖然とする石川。
二人をよそに、ナナの父母は土足でフローリングへと上がり、石川を「ドンッ」と押し退けます。
そのまま、のしのしとナナに迫り捕まえ母親。

彼らはナナを連れ帰り、身体を売らして稼がせるつもりです。
ナナは、石川へと振り向き自分の居場所はここだと抵抗します。
ですが、父親は従わないなら娘を誘拐されたとして訴えると脅し、強引に連れ去ろうとします。

ナナの身体が玄関の扉をくぐろうとした瞬間、一人の男の声が響きます。

「待て!!」

叫んだ石川は、ナナを助けるためにとある選択をします。
果たして、選択とはどんなモノなのでしょうか――!?

【ヌキどころと感想】
今回はヌキどころは前半に集中しています。
8話からの続きなのですが、その内容は1話からの集大成と言った感じです。
赤の他人だった二人が次第に仲を深め、遂には愛し合う本気の種付けセックス。

きっと1話から読んでいる方には、思い入れというか感情移入しすぎて、ヌキまくれること間違いなしです。
勿論、9話から読んだ方でも、激しいバックに酔いしれ、更に種付けプレスで精子を子宮で受けれ入れる様子に満足できると思います。

そして最後は感動のフィナーレが待っています。
今回敢えて、文字として書くことはしませんでした。

正直、ただの文字として書くことはできても、あのシーンを明確に絵と同じだけの感動を伝えることは困難だと感じました。
偏に私の文才の無さが原因です…。

楽しみにして貰っていた方には申し訳ないのですが、ラストシーンは是非ご本人様の目で確認して頂ければと思います。
物語はエピローグあってこそで、見れば、きっとあの終わり方に誰もが納得するはずです!!